IATA、航空業界の利益見通しを下方修正

国際航空運送協会(IATA)は4日、2018年の航空業界の利益見通しを384億ドルから338億ドルに下方修正した。燃料コストや人件費、金利の上昇を理由に挙げている。2017年は減税の一時的な追い風もあり、過去最高の380億ドルに達していた。 今年の業界全体の売上高は8,340億ドル…

関連国・地域: EU米国カナダ
関連業種: 金融運輸天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ブルガリアのインフレ率、3.1%に減速(12/14)

伊政府、欧州委に修正案提示 財政赤字目標をGDP比2.04%に(12/14)

アイルランド、第2党が政権協力延長を約束(12/14)

英国に「確証」提示なるか 離脱協定で協議=EUサミット(12/14)

Ifo、向こう3年の成長見通し引き下げ(12/14)

<連載コラム・自動車産業インサイト>第30回 ゴーン失脚、連合の支配権争いの行方(12/14)

レボリュート、リトアニアで銀行免許を取得(12/14)

欧州中銀、金利をゼロ%に据え置き(12/14)

三菱UFJ、伊貿易促進機構と業務協力協定(12/14)

欧州一般裁、実走時排ガス基準を無効化(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン