FCA、電動車や自動運転などに大型投資

伊自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は1日、電動車や自動運転車といった次世代技術への投資を含む2022年までの5カ年計画を発表した。 FCAは「ジープ」「ラム」「アルファロメオ」「マセラティ」の4ブランドを中心に、全体で450億ユーロを投資…

関連国・地域: イタリア米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車電機IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

バンコBPM、78億ユーロの不良債権を売却(12/12)

金融アルファバンク、身売りを検討か(12/12)

フェレロ、米キャンベルの国際事業に関心(12/12)

米金属部品タワー、欧州事業をFSDに売却(12/12)

テレコムイタリア、株主が取締役の解任要求(12/12)

エニ、インドネのガス田で2021年から生産へ(12/12)

アップルペイ、ドイツで運用開始(12/12)

物流パレットウェイズ、ハンガリー進出(12/11)

イタリア鉱工業生産、10月は0.1%増加(12/11)

BMW、自動運転開発部門の新トップを指名(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン