FCA、電動車や自動運転などに大型投資

伊自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は1日、電動車や自動運転車といった次世代技術への投資を含む2022年までの5カ年計画を発表した。 FCAは「ジープ」「ラム」「アルファロメオ」「マセラティ」の4ブランドを中心に、全体で450億ユーロを投資…

関連国・地域: イタリア米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車電機IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

伊上下院、財政赤字目標など定めた計画承認(10/15)

アルセロール、英リバティーに資産売却へ(10/15)

政府、アリタリア航空の株式約15%を取得も(10/15)

人的資本指標、欧州首位はフィンランド(10/15)

EDF、電気モビリティー計画を発表(10/12)

FCA、マニエッティ・マレリの売却間近か(10/12)

三井海洋開発、エニからFPSOの受注内定(10/12)

ダイアログ、米アップルに一部資産売却へ(10/12)

競争当局、航空BAの大西洋共同事業を調査(10/12)

モンテ・パスキ、米社にベルギー子会社売却(10/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン