バイエルン、州施設に十字架の掲示を義務化

独南部バイエルン州で1日、州公共施設の入り口に十字架の掲示を義務付ける政令が施行された。税務署や警察、行政裁判所など、ほぼすべての施設が対象となる。ただ、その正当性や動機を巡っては、宗教関係者を含む各方面から批判や疑問の声が上がっている。ドイチェ・ウェレが伝え…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ZEW景気期待指数、1月は改善(01/23)

IMF、成長率予測引き下げ ユーロ圏は1.6%に減速か(01/23)

メルセデス、ポーランドにEV電池工場(01/23)

BAEシステムズ、ラインメタルと合弁設立(01/23)

仏独、外交・防衛の新協力条約を締結(01/23)

メルセデス、タイ産高級クーペCLSを発表(01/23)

仏政府、中国・華為を標的に法案修正を検討(01/23)

ベルグマンなど2社、タイ企業と合弁設立(01/23)

座席グラマー、印企業と技術センターを開設(01/23)

オペル、ポーランド南部で新エンジン生産(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン