KWS、バイエルの野菜種子事業に対抗案

独種苗KWSザートは29日、製薬・化学大手バイエルが米農業化学大手モンサントの買収に向けて追加売却を計画する種子・農薬事業のうち、「Nunhems」ブランドで世界展開する野菜種子事業に対して拘束力のない買収提案をしたと発表した。バイエルは既に、化学大手BASFと種子・農…

関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: IT・通信化学・石化農林・水産政治


その他記事

すべての文頭を開く

チェコの乗用車生産、1~5月は横ばい(06/22)

ダイムラー、通期見通し下げ 米中摩擦による輸出減見越し(06/22)

川崎重工、ABBとインターフェース開発(06/22)

独仏、EU内の法人税制調和で共同提案へ(06/22)

商用車オトカ、ワルシャワからバス受注(06/22)

タイヤのコンチ、パワートレイン部門上場か(06/22)

シーメンス、事業再編策を8月に公表へ(06/22)

ドイツ銀、米外為不正操作で罰金2億ドル(06/22)

三菱商事、英で送電事業の優先交渉権を獲得(06/22)

大陽日酸、リンデと米プラクスエアの資産取得か(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン