ブルガリア北東部の農場で鳥インフル再発

ブルガリアの食品安全当局は27日、北東部ドブリチ州ステファノボ(Stefanovo)のアヒル農場で、鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。ロイター通信などが伝えた。 この農場では昨年10月にも鳥インフルが発生しており、今回で2度目。前回は1万羽以上のアヒルが殺処分…

関連国・地域: ブルガリア
関連業種: 農林・水産小売り・卸売り社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ラトビア議会、国連移民協定への参加を否決(12/10)

EUの航空旅客数、昨年は7.3%増加(12/10)

ブルガリア、国連の移民協定不参加へ(12/06)

スロバキア外相、移民協定拒否を受け辞任(12/03)

伊下院、厳格な移民対策を導入した法を承認(11/30)

ポーランド、国連の移民協定に署名せず(11/23)

【ウイークリー統計】第25回 パスタの生産量と肉の価格(11/22)

ブルガリアのシメオノフ副首相が辞任(11/20)

チェコ、国連移民協定への不参加を閣議決定(11/15)

ブルガリア、国連の移民協定への署名拒否も(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン