ブルガリア北東部の農場で鳥インフル再発

ブルガリアの食品安全当局は27日、北東部ドブリチ州ステファノボ(Stefanovo)のアヒル農場で、鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。ロイター通信などが伝えた。 この農場では昨年10月にも鳥インフルが発生しており、今回で2度目。前回は1万羽以上のアヒルが殺処分…

関連国・地域: ブルガリア
関連業種: 農林・水産小売り・卸売り社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

UAE、ブルガリア産家禽を禁輸(10/12)

【ウイークリー統計】第22回 心臓発作死亡者と平均寿命(10/11)

ルーマニア与党、シビルユニオンを合法化へ(10/10)

ルーマニア、同性婚を妨げる国民投票は無効(10/09)

ケーブルのレオニ、ブルガリア新工場に着工(10/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン