wpdの台湾子会社、協調融資で台湾銀と交渉

ドイツの風力発電大手wpdの台湾子会社である達徳能源集団が、協調融資(シンジケートローン)取得に向けて、台湾銀行と交渉を始めている。総額1,200億台湾元(39億9,900万ドル)を調達する計画で、2018年末までに契約にこぎ着けたい考えだ。 商時報によると、借入期間は15年で、桃…

関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

独経常黒字、3年連続で首位 財政政策への批判高まる恐れ(08/21)

独経済、第3四半期はやや鈍化も=連銀月報(08/21)

石油トタル、イランから正式に撤退へ(08/21)

独政府、高技能労働者確保で移民法改正も(08/21)

ユーロ圏建設業生産、6月は0.2%増加(08/21)

生産者物価、7月は3%上昇(08/21)

ドイツ銀、ノーブルの債券買い取りに着手(08/21)

シーメンス、オーストリア国鉄に列車を供給(08/21)

コンチ、超音波による車高調整センサー開発(08/21)

BMW、韓国で同国最大のリコール実施(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン