PGNiG、イランでのガス開発一時中止も

ポーランドの国営ガス・石油大手PGNiGは、米国が対イラン経済制裁の再開を決めたことを受け、イランでのガス開発プロジェクトの一時中止を計画していることを明らかにした。同社のマチェイ・ボジニャク副最高経営責任者(CEO)の話を元に、ロイター通信が伝えた。 ボジニ…

関連国・地域: ドイツフランスデンマークポーランド米国中東欧州
関連業種: 電機金融運輸天然資源マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

ポーランド、EV開発支援に30億ユーロ(12/12)

ポーランドの貿易収支、1~10月は赤字転落(12/12)

米金属部品タワー、欧州事業をFSDに売却(12/12)

ロトス、初の水素燃料スタンド開設へ(12/12)

物流パレットウェイズ、ハンガリー進出(12/11)

PGNiG、UAEで探査・採掘権益を取得(12/10)

ラトビア議会、国連移民協定への参加を否決(12/10)

ポーランド新車登録台数、11月は2.1%増加(12/07)

ブルガリア、国連の移民協定不参加へ(12/06)

農機ウルスス、事業再建でCEOが辞任(12/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン