ポーランド平均賃金、4月は7.8%上昇

ポーランド中央統計局(GUS)は18日、4月の民間部門の平均賃金が額面で4,840.44ズロチ(1,333ドル)となり、前年同月比7.8%上昇したと発表した。伸びは3月の6.7%から加速している。 平均賃金は前月比では0.9%低下した。有給被用者数は621万2,300人で、1年前から3.7%増え…

関連国・地域: ポーランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

小売りカルフール、第3四半期は2.1%増収(10/19)

ポーランド、ロシア国境付近に新運河建設(10/19)

ポーランド鉱工業生産、9月は2.8%増加(10/19)

ポーランド平均賃金、9月は6.7%上昇(10/19)

MAN、ポーランドで電気バス組み立てへ(10/18)

PGNiG、米産LNG輸入契約で最終合意(10/18)

EUバッテリー・アライアンス構想から1年(10/18)

ミレニアムBCP、貯蓄信用組合を買収へ(10/16)

米S&P、ポーランドを1段階格上げ(10/16)

中銀、今年の成長見通しを4.7%に引き上げ(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン