スペーシズ、比に大規模な共有オフィス開設

オランダのコワーキングスペース(共有オフィス)開発会社「スペーシズ」は6月4日、マニラ首都圏タギッグ市に国内最大級のコワーキングスペース「スペーシズ・ワールド・プラザ」を開設する。国内では同社初の事業。インクワイラーなどが17日伝えた。 同社のフィリピン担当、ラ…

関連国・地域: オランダアジア
関連業種: 建設・不動産小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

シェル、Norecoにデンマークの上流事業売却(10/19)

ユニリーバ、第3四半期は3.8%増収(10/19)

ドイツ銀元トレーダー、金利不正操作で有罪(10/19)

リースプラン、アムステルダムでの上場中止(10/18)

ハイネケン、ハンガリー中部の拠点を閉鎖へ(10/18)

アクゾノーベル、第3四半期は39%増益(10/18)

道路料金徴収システムにシェル子会社が出資(10/18)

半導体機器ASML、第3四半期は22%増益(10/18)

カーナビのトムトム、第3四半期は76%増益(10/17)

ユーロ圏貿易収支、8月は黒字縮小(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン