製薬アストラゼネカ、第1四半期は38%減益

英製薬大手アストラゼネカは18日、第1四半期(1~3月)の純利益が3億1,600万ドルとなり、前年同期比38%減少したと発表した。ジェネリック薬(後発医薬品)との競争により高コレステロール治療薬「クレストール(Crestor)」が不振だったほか、コストがかさんだ。 製品売上高…

関連国・地域: 英国アジア米国欧州
関連業種: 経済一般・統計医療・薬品


その他記事

すべての文頭を開く

ディーゼル車の禁止前倒しを ロンドンなど14都市の市長が要求(06/20)

サウジの国営航空、ウィーン便を就航(06/20)

欧州初のサウジ上場投資信託が上場(06/20)

エーオンUK、電力代を4.9%引き上げ(06/20)

英競争当局、環境サービス2社の統合に懸念(06/20)

アクサの資産運用子会社、最大210人整理(06/20)

蘭ハイネケン、英事業に4千万ポンド超投資(06/20)

ネスレ、米XPOと英国にデジタル倉庫開設(06/20)

NEC、エルステッドに蓄電システムを提供(06/20)

伊藤忠テクノ、ニュートンITと業務提携(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン