複合企業ブイグ、第1四半期は黒字に復帰

仏複合企業ブイグ(Bouygues)は17日、第1四半期(1~3月)の純利益が1,200万ユーロとなり、前年同期の4,100万ユーロの赤字から黒字に復帰したと発表した。通信部門のブイグテレコムの業績改善が寄与した。 売上高は継続事業・恒常為替レートベースで2.4%増の68億2,600万ユー…

関連国・地域: フランススイスカナダ
関連業種: 経済一般・統計IT・通信電力・ガス・水道商業・サービス建設・不動産マスコミ・出版・広告


その他記事

すべての文頭を開く

EU、クリミアに対する制裁を1年延長(06/20)

仏電力公社、労組が10日間のストを通告(06/20)

サウジの国営航空、ウィーン便を就航(06/20)

ライアンエアー、空港に酒類販売の規制要求(06/20)

仏アグリコル、競合のポーランド事業に関心(06/20)

エーオンUK、電力代を4.9%引き上げ(06/20)

建設バンシ、再就職支援の合弁会社を設立(06/20)

エクイノール、油田掘削サービス3社と契約(06/20)

ユーロ圏建設業生産、4月は1.8%増加(06/20)

アクサの資産運用子会社、最大210人整理(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン