英豪リオの無人貨物鉄道、所要時間20%短縮

英豪資本の資源大手リオ・ティントは、鉄鉱石輸送の無人貨物鉄道「オートホール(AutoHaul)」が本格稼働した場合、炭鉱から港までの所要時間が、有人の貨物鉄道と比べて20%短縮されるとの見方を示した。リオは、当局の承認を得て、今年末までに同鉄道を稼働させるとしている。オ…

関連国・地域: 英国アジア
関連業種: 運輸IT・通信天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

電子たばこの規制緩和へ 英国、禁煙の手段として処方も(08/20)

バルセロナなどの連続テロから1年(08/20)

ルスアル、登記本社を英から露に移転へ(08/20)

ノボノルディスク、超分子化学Ziyloを買収(08/20)

モンゾバンク、「ユニコーン企業」仲間入り(08/20)

石油BP、パプアニューギニア産LNG購入(08/20)

百貨店デベナムズ、最大90人を整理(08/20)

再生エネ投資クエルカス、イランから撤退へ(08/20)

BMW、マレーシアでi8クーペを発売(08/20)

ピアソン、タイの特区で職業訓練コース設置(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン