英豪リオの無人貨物鉄道、所要時間20%短縮

英豪資本の資源大手リオ・ティントは、鉄鉱石輸送の無人貨物鉄道「オートホール(AutoHaul)」が本格稼働した場合、炭鉱から港までの所要時間が、有人の貨物鉄道と比べて20%短縮されるとの見方を示した。リオは、当局の承認を得て、今年末までに同鉄道を稼働させるとしている。オ…

関連国・地域: 英国アジア
関連業種: IT・通信天然資源金融・保険運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

TPV、BMWにトレーリングアーム供給へ(06/25)

マドリードに人工ビーチ出現へ(06/25)

エアバス、英で生産停止も 合意なしのEU離脱で事業見直し(06/25)

バンシの合弁、加でガス導管の敷設受注(06/25)

AIG、ミュンヘン再保険の英生保事業取得(06/25)

ユニリーバ、インドネでスプレッド事業売却(06/25)

HSBCのペイミー、香港で上限額引き上げ(06/25)

カジノとロレアル、パリに新美容ストア開設(06/25)

ロンドンで「ジャパン・ハウス」が開館(06/25)

石油オケア、タイ社が出資へ(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン