英豪リオの無人貨物鉄道、所要時間20%短縮

英豪資本の資源大手リオ・ティントは、鉄鉱石輸送の無人貨物鉄道「オートホール(AutoHaul)」が本格稼働した場合、炭鉱から港までの所要時間が、有人の貨物鉄道と比べて20%短縮されるとの見方を示した。リオは、当局の承認を得て、今年末までに同鉄道を稼働させるとしている。オ…

関連国・地域: 英国アジア
関連業種: 運輸IT・通信天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

出版アルバトロス、競合パンテオンを買収(10/19)

シェル、Norecoにデンマークの上流事業売却(10/19)

サルビーニ同盟党首、欧州委員長に名乗りも(10/19)

仏ノバレス、セルビア工場の拡張完了(10/19)

英首相、移行期間延長に前向き EU、11月臨時サミットに否定的(10/19)

小売売上高、9月は0.8%減少(10/19)

ユニリーバ、第3四半期は3.8%増収(10/19)

ドイツ銀元トレーダー、金利不正操作で有罪(10/19)

金融HSBC、上海証取での上場を検討(10/19)

香港・TNG、トラングロの6割株取得(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン