テレコムイタリア、第1四半期は4.9%減益

通信大手テレコムイタリアは16日、第1四半期(1~3月)のEBITDA(利払い・税引き前・償却前利益)が18億9,300万ユーロとなり、前年同期比4.9%減少したと発表した。同社の経営権を巡っては、政府が「ゴールデン・パワー」と呼ばれる介入権を行使しており、これに絡んで科…

関連国・地域: イタリア中南米
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

格安航空NAS、一部運航路線から撤退(01/18)

プラスチック廃棄物除去のアライアンス始動(01/18)

英独立党党首ら、ルペン氏の政治会派に合流(01/18)

イタリア製造業受注、11月は0.2%減少(01/17)

欧州新車登録、12月は8.4%減少(01/17)

プラハ空港、昨年の利用者数が過去最高更新(01/17)

エニ、オマーンの2鉱区のラインセンス取得(01/16)

ECB、各行に不良債権の全額引き当て要求(01/16)

化石燃料への補助金、EU最多は英国(01/16)

東地中海諸国、地域ガス市場を創設へ(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン