ネスレ、2020年までに砂糖などの使用量削減

食品で世界最大手のネスレ(スイス)は15日、自社製品に含まれる砂糖や塩、飽和脂肪の量を削減する方針を打ち出した。消費者の健康志向の高まりを受けた措置。 ネスレは2020年までに砂糖と塩の使用量をそれぞれ5%、10%減らす。砂糖については2000年から既に34%以上を、塩につ…

関連国・地域: 英国ドイツスイス
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

食品ネスレ、スキンヘルス事業を売却へ(09/21)

ポルシェなど、ARディスプレー企業に出資(09/21)

GSK、インド事業売却にネスレなど名乗り(09/20)

食品ネスレ、生保部門を米社に売却(09/19)

【欧州企業よもやま話】第263回・アコーホテルズ 中間層向けの「ノボテル」で成功(09/19)

クラリアント、サウジ社と材料事業を統合(09/19)

UBS、フランクフルトを欧州事業の本拠に(09/18)

グレンコア、シェブロン南ア事業の買収承認(09/17)

クラリアント、ルーマニアにエタノール工場(09/17)

ノバルティス、印社が一部事業を取得(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン