トタルと韓国社の合弁、化学原料工場を新設

仏石油メジャーのトタルと韓国のハンファ総合化学が折半出資するハンファトタルは、石油化学原料のナフサ(粗製ガソリン)を分解してできる副産物のノルマルへプタンを生産する工場を新設した。投資額は計300億ウォン(2,800万ドル)。 新工場の高純度ノルマルヘプタンの年産能力…

関連国・地域: ドイツフランスアジア米国
関連業種: 電機医療・医薬品化学建設・不動産IT・通信天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

エアバス、A380生産終了へ エミレーツの発注取り消しで(02/15)

トルコ自動車生産、1月は11.6%減少(02/15)

ユーロ圏成長率、0.2%を維持 ドイツは景気後退入りを免れ(02/15)

自動車ルノー、通期は35%減益(02/15)

仏政府、EV用電池産業に7億ユーロ投資へ(02/15)

フィアットとPSA、小型商用車の合弁延長(02/15)

クレディ・アグリコル、通期は2.5倍に増益(02/15)

独高級車3社、1月はBMWが好調(02/15)

エア・リキード、通期は4.2%増益(02/15)

三菱商事、オーヴォ・エナジーの20%株取得(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン