トタルと韓国社の合弁、化学原料工場を新設

仏石油メジャーのトタルと韓国のハンファ総合化学が折半出資するハンファトタルは、石油化学原料のナフサ(粗製ガソリン)を分解してできる副産物のノルマルへプタンを生産する工場を新設した。投資額は計300億ウォン(2,800万ドル)。 新工場の高純度ノルマルヘプタンの年産能力…

関連国・地域: ドイツフランスアジア米国
関連業種: IT・通信電機医療・薬品化学・石化天然資源金融・保険建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

製造業景況感、5月は横ばい(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

ユニボールの豪社買収、取引成立に青信号(05/25)

スマホの中国・小米、パリに初店舗オープン(05/25)

ウーバー、パリに「空飛ぶタクシー」研究所(05/25)

自動車部品オートディス、IPO実施を延期(05/25)

蓄電池ゾンネン、石油シェルが出資(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン