トタルと韓国社の合弁、化学原料工場を新設

仏石油メジャーのトタルと韓国のハンファ総合化学が折半出資するハンファトタルは、石油化学原料のナフサ(粗製ガソリン)を分解してできる副産物のノルマルへプタンを生産する工場を新設した。投資額は計300億ウォン(2,800万ドル)。 新工場の高純度ノルマルヘプタンの年産能力…

関連国・地域: ドイツフランスアジア米国
関連業種: 電機医療・医薬品化学建設・不動産IT・通信天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

仏GDP成長率、横ばいの0.2%(09/24)

自動車VW、イラン撤退報道を否定(09/24)

スポーツ用品デカトロン、韓国1号店を開設(09/24)

9月は過去4カ月で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(09/24)

エルメス、中国で自前の通販サイト開設へ(09/24)

食品ネスレ、スキンヘルス事業を売却へ(09/21)

石油トタル、G2モビリティーの全株取得(09/21)

VW、イランから撤退か=米政府の説得で(09/21)

セメントのビカー、印南部で新製品発売(09/21)

シュナイダー、中国にイノベーション拠点(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン