公益事業エンジー、第1四半期は3%増益

仏公益事業大手エンジー(Engie、 旧GDFスエズ)は15日、第1四半期(1~3月)のEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)が31億6,300万ユーロとなり、前年同期比3%増加したと発表した。足元のフランスで再生可能エネルギーの発電量と小売り事業の売り上げが伸びた。 売…

関連国・地域: フランスベルギールクセンブルクオランダアジア米国アフリカ中南米カナダ欧州
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ルノー・日産・三菱、EV充電技術社に出資(02/19)

KLM、エールフランスと統治体制で合意か(02/19)

ナバル、サウジアラビア軍事産業と合弁設立(02/19)

航空フライbmiが破綻、全便キャンセル(02/19)

自動車部品フォルシア、通期は13%増益(02/19)

ビベンディ、インドネ同業の株式20%取得へ(02/19)

「黄色いベスト」運動参加者が反ユダヤ攻撃(02/19)

オペル、新型「コルサ」に最新ライト搭載(02/19)

トタル、取引業務を英からスイスに移管へ(02/18)

トタルとアラムコ、サウジで燃料小売網構築(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン