公益事業エンジー、第1四半期は3%増益

仏公益事業大手エンジー(Engie、 旧GDFスエズ)は15日、第1四半期(1~3月)のEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)が31億6,300万ユーロとなり、前年同期比3%増加したと発表した。足元のフランスで再生可能エネルギーの発電量と小売り事業の売り上げが伸びた。 売…

関連国・地域: フランスベルギールクセンブルクオランダアジア米国アフリカ中南米カナダ欧州
関連業種: 経済一般・統計電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

仏競争委、小売業者の調達提携巡り調査(07/18)

リンデ、独メッサーなどに米資産売却(07/18)

小売りカジノ、第2四半期は5.2%増収(07/18)

欧州新車登録、5.2%増加 6月として過去最高を記録(07/18)

エールフランスKLM、中国との合弁一本化(07/18)

エアバス、クウェートの航空会社が25機発注(07/18)

セメントのビカー、印で新工場を設置(07/18)

台湾のチャタイム、ルーブル美術館に出店(07/18)

欧州企業もイラン制裁対象に 米国、EUの嘆願拒否=8月再開(07/17)

ルノー、上半期の記録更新 露・南米が回復=世界販売台数(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン