資源リオ、米アルコアと合弁設立

英豪資本の資源大手リオ・ティントと米アルミ大手アルコアは、アルミニウムの精錬工程で二酸化炭素(CO2)を直接排出しない技術を商業化するため、カナダに合弁会社を設立すると発表した。米アップルも投資し、技術開発を支援する。2024年の商業化を目指す。オーストラリア各紙…

関連国・地域: 英国アジア米国カナダ
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

保守党との閣外協力を放棄も 北アのDUP、離脱協定案に反発(11/21)

スイスの時計輸出、10月は7.2%拡大(11/21)

西政府、ジブラルタル巡り離脱協定案に難色(11/21)

連立政権、非EU市民の移民規制緩和で合意(11/21)

格安航空イージージェット、通期は42%増益(11/21)

CBI製造業受注、11月は加速に転じる(11/21)

給食コンパス・グループ、通期は2.3%増益(11/21)

BHP、3億ドル超追納で豪国税局と和解(11/21)

仏政府、大学の英語による授業を拡充へ(11/21)

保険プルデンシャル、越でプラごみ削減へ(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン