電力EDP、中国・三峡集団が買収提案

水力発電大手の中国長江三峡集団(CTG)は、約23%出資するポルトガル電力公社(EDP)の残り株に対して、株式公開買い付け(TOB)を実施する計画を明らかにした。同社の声明を元に、フィナンシャルタイムズなどが伝えた。 提示額は1株当たり3.26ユーロと、前日終値に5.…

関連国・地域: ドイツフランススペインポルトガルアジア中南米欧州
関連業種: 化学金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

スロバキアの財務相、次期中銀総裁に就任へ(12/10)

中国、ポルトガルと「一帯一路」で覚書締結(12/07)

英民間航空局、ライアンエアーに法的措置(12/06)

【ウイークリー統計】第26回 電池の回収率と再生エネの割合(12/06)

ユーロ圏小売売上高、10月は0.3%増加(12/06)

通信アルティス、仏光ファイバー事業を売却(12/03)

関西電力、スコットランドの風力発電に参画(11/30)

ライアンエアー、西で雇用法違反巡り制裁も(11/28)

VW、デジタルサービス社の株式取得へ(11/26)

キングフィッシャー、露など3市場から撤退(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン