座席グラマー、第1四半期は11.3%減益

自動車や鉄道車両、航空機の座席を手掛ける独グラマー(Grammer)は14日、第1四半期(1~3月)のEBIT(利払い・税引き前利益)が2,050万ユーロとなり、前年同期比11.3%減少したと発表した。主力の自動車部門が振るわなかったほか、為替差損が足を引っ張った。 売上高は0.…

関連国・地域: ドイツアジアアフリカ中東欧州
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車製造一般商業・サービス運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

リンデ、独メッサーなどに米資産売却(07/18)

仏競争委、小売業者の調達提携巡り調査(07/18)

ティッセンクルップ、レーナー会長が辞任(07/18)

【欧州企業よもやま話】第258回・ゼンハイザー・エレクトロニック 「そのままの音」をお茶の間に(07/18)

欧州新車登録、5.2%増加 6月として過去最高を記録(07/18)

BMW、中国・CATLの株取得の権利獲得(07/18)

クノールブレムゼ、IPO実施を9月に決定(07/18)

ドイツ銀、第2四半期の利益は予想以上に(07/17)

ルノー、上半期の記録更新 露・南米が回復=世界販売台数(07/17)

欧州企業もイラン制裁対象に 米国、EUの嘆願拒否=8月再開(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン