ドイツテレコム、第1四半期は横ばい

通信大手ドイツテレコムは9日、第1四半期(1~3月)のEBITDA(利払い・税引き前・償却前利益、特別損益除く)が55億4,900万ユーロとなり、前年同期から横ばいだったと発表した。全地域で概ね好調だったが、ユーロ高が響いた。 売上高は3.9%減の179億2,400万ユーロ。最…

関連国・地域: ドイツ米国欧州
関連業種: 経済一般・統計IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

メルセデス、仏工場でEV生産へ(05/22)

ライアンエアー、過去最高益 独西伊を中心に乗客数が拡大(05/22)

インフィニオン、オーストリアに新工場(05/22)

ポルシェ、SUV最大6万台をリコールへ(05/22)

欧州一般裁、ネオニコチノイド禁止を支持(05/22)

PGNiG、イランでのガス開発一時中止も(05/22)

トルコの大統領、ボスニアへの投資を公約(05/22)

オートノイム、ハンガリーに部品工場を開設(05/22)

オンライン家具販売ホーム24、IPOを検討(05/22)

フレゼニウス、エイコーン買収撤回を正当化(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン