ラファージュホルシム、厳冬響き13%減益

セメントで世界最大手のラファージュホルシム(スイス)は8日、第1四半期(1~3月)のEBITDA(利払い・税引き前・償却前利益、特別損益除く)が7億スイスフラン(6億9,840万ドル)となり、前年同期比13.4%減少したと発表した。北米と欧州の厳冬が響いた。 売上高は5…

関連国・地域: フランススイスアジア米国アフリカ中東中南米カナダ欧州
関連業種: 経済一般・統計製造一般


その他記事

すべての文頭を開く

リンデ、独メッサーなどに米資産売却(07/18)

スイスのABB、産業用ロボットの販売強化(07/17)

米モルガン、鉄道車両リースのVTG買収へ(07/17)

ネスレ、NZのあめブランドを売却(07/16)

欧州委、ライアンエアーのラウダ買収を承認(07/16)

ノバルティス、米の抗菌研究拠点を閉鎖へ(07/13)

ネスレ、ベトナムで「マギー」の魚醤発売(07/13)

オーバイクが破綻、欧州で自転車置き去りに(07/13)

【ウイークリー統計】第15回 旅行しない理由と人気旅行先(07/12)

重電ABB、エルステッドから大型受注(07/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン