ラファージュホルシム、厳冬響き13%減益

セメントで世界最大手のラファージュホルシム(スイス)は8日、第1四半期(1~3月)のEBITDA(利払い・税引き前・償却前利益、特別損益除く)が7億スイスフラン(6億9,840万ドル)となり、前年同期比13.4%減少したと発表した。北米と欧州の厳冬が響いた。 売上高は5…

関連国・地域: フランススイスアジア米国アフリカ中東中南米カナダ欧州
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

資源グレンコア、通期は41%減益(02/21)

重電ABB、印国鉄からコンバーターを受注(02/21)

金融UBS、仏顧客の脱税ほう助で罰金(02/21)

日立造船、英でバイオガス精製装置を受注(02/21)

セメン・インドネ、ホルシム買収で事業拡大(02/20)

スイスの時計輸出、香港向けは19.1%増加(02/20)

コカ・コーラHBC、製菓バンビを買収(02/19)

チューリッヒ、マのタカフル部門が急成長(02/19)

トタル、取引業務を英からスイスに移管へ(02/18)

食品ネスレ、通期は41.6%増益(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン