伊エネル、セバストポリで風力発電計画

伊電力大手エネルとロシアの国営原子力企業ロスアトム傘下のベトロOGK(VetroOGK)は、ロシアに編入されたセバストポリで最大40万キロワットの風力発電能力を築く計画だ。地元政府閣僚の話として、ガーナの経済紙ビジネス・アンド・フィナンシャルタイムズが伝えた。 プロジェ…

関連国・地域: イタリアロシアアフリカ
関連業種: 電力・ガス・水道建設・不動産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ルクソフト、ダイムラー傘下の独同業と提携(07/20)

電力フォータム、第2四半期は29%増益(07/20)

ノバテク、ヤマルLNGの第2段階開始へ(07/20)

鉄鋼セベルスタリ、第2四半期は4倍に増益(07/20)

ロシア鉱工業生産、6月は2.2%増加(07/20)

ロシアの失業率、6月は4.7%で横ばい(07/20)

VWの世界販売、6月は4.1%増加(07/19)

カタール航空、露ブヌコボ空港の株式取得へ(07/19)

重慶―ミンスク間の国際貨物列車、運行開始(07/19)

プーチン大統領、トランプ米大統領と会談(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン