伊エネル、セバストポリで風力発電計画

伊電力大手エネルとロシアの国営原子力企業ロスアトム傘下のベトロOGK(VetroOGK)は、ロシアに編入されたセバストポリで最大40万キロワットの風力発電能力を築く計画だ。地元政府閣僚の話として、ガーナの経済紙ビジネス・アンド・フィナンシャルタイムズが伝えた。 プロジェ…

関連国・地域: イタリアロシアアフリカ
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

モスクワ市議会選、選管の出馬阻止巡りデモ(07/16)

PSAの販売台数、上半期は12.8%減少(07/16)

露南西部でバスが横転、6人死亡(07/16)

日立造船イノバ、ロシアでプラント設備受注(07/15)

ギリシャ北部で嵐、6人死亡=百人超負傷(07/12)

ロスアトム子会社、3D印刷拠点を設置へ(07/12)

投資会社PPF、露ポリメタルの株式売却(07/12)

カマズ、モスクワに電気バス工場開設へ(07/11)

健康器具の台湾社、ロシアなどに販売子会社(07/11)

イルクーツク州の洪水、死者24人に(07/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン