仏韓企業、マでバイオ団地に追加投資

仏化学大手アルケマと韓国のCJ第一製糖(CJ)は、マレーシア・トレンガヌ州のクルテ・バイオポリマー団地(KBP)にある合弁会社CJアルケマの生産拠点拡張に12億リンギ(3億440万ドル)を追加投資する方針だ。ニュー・ストレーツ・タイムズ電子版が伝えた。 両社は2015年…

関連国・地域: フランスアジア
関連業種: 化学建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

トルコ自動車生産、8月は34%減少(09/18)

スエズ、英の廃棄物発電に1億ポンド超投資(09/18)

UBS、フランクフルトを欧州事業の本拠に(09/18)

イケア、世界5都市の宅配にEV導入へ(09/18)

マクロン大統領の評価、政権発足後で最低に(09/18)

フランス、自転車利用を3倍に拡大へ(09/18)

ユーロスターの英従業員、2日間ストへ(09/18)

アルストムの燃料電池列車が商業運行開始(09/18)

仏学校給食にベジタリアンメニュー試験導入(09/18)

ブリティッシュ・スチール、400人整理(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン