セアト、バルセロナ近郊で250人採用

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のスペイン子会社セアトは4月30日、バルセロナ近郊のマルトレル(Martorell)工場で250人を正式採用すると発表した。うち98人は既に臨時雇用され、残りの152人は派遣スタッフとして働いているが、6月からは無期雇用契約に切り替える。 セ…

関連国・地域: ドイツスペイン
関連業種: 自動車・二輪車雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

西政府、ジブラルタル巡り離脱協定案に難色(11/21)

VW世界販売、10月は10%減 WLTPの影響続き西欧低調(11/21)

バルセロナ近郊で脱線事故、1人死亡(11/21)

世界のワイン生産量、過去18年で最高水準に(11/21)

VW、新技術に440億ユーロ 自動運転やEVへ=新投資計画(11/19)

サッカーのAマドリード前本拠地取り壊しへ(11/19)

テクニカス、アブダビ国営石油とEPC契約(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

DSスミス、欧州委がユーロパック買収承認(11/16)

独高級車3社、明暗分かれる アウディが不振=10月の世界販売(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン