通信オレンジ、第1四半期は3.8%増益

仏通信大手オレンジ(旧フランステレコム)は26日、第1四半期(1~3月)のEBITDA(利払い・税引き前・償却前利益、特別要因除く)が26億500万ユーロとなり、継続事業・恒常為替レートベースで前年同期比3.8%増加したと発表した。ブロードバンドと携帯電話のセット契約が…

関連国・地域: フランスベルギースペインルクセンブルクポーランドアフリカ中東
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第278回:ペンハリガン トルコ式浴場から生まれた香水(04/24)

小売りカジノ、米アマゾンと提携拡大へ(04/24)

シュナイダーの印同業買収、現地当局が承認(04/24)

フィヨン仏元首相、給与不正支払い巡り裁判(04/24)

ムタレス、アルセロールから仏子会社取得へ(04/24)

AGC、ハンガリー工場の生産能力拡大(04/23)

ゴーン氏、会社法違反で東京地検が追起訴(04/23)

エンジー、米エムコア・グループの買収検討(04/23)

4月は過去3カ月で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(04/23)

仏黄色いベスト運動、聖堂再建の寄付金批判(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン