通信オレンジ、第1四半期は3.8%増益

仏通信大手オレンジ(旧フランステレコム)は26日、第1四半期(1~3月)のEBITDA(利払い・税引き前・償却前利益、特別要因除く)が26億500万ユーロとなり、継続事業・恒常為替レートベースで前年同期比3.8%増加したと発表した。ブロードバンドと携帯電話のセット契約が…

関連国・地域: フランスベルギースペインルクセンブルクポーランドアフリカ中東
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

マクロン大統領、最低賃金引き上げなど発表(12/12)

スペイン、カタルーニャに国家警察を派遣も(12/12)

バンコBPM、78億ユーロの不良債権を売却(12/12)

米金属部品タワー、欧州事業をFSDに売却(12/12)

給食ソデクソ、英学校給食AiPを買収(12/12)

テレコムイタリア、株主が取締役の解任要求(12/12)

マクロン大統領、反政府デモ巡り演説へ(12/11)

仏中銀、第4四半期は0.2%予想に下方修正(12/11)

昨年のテロ件数、トルコが欧州で最も減少(12/11)

日立、伊子会社が高速鉄道向けシステム受注(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン