ネスレのマ法人、第1四半期は0.2%増益

食品世界大手ネスレ(スイス)のマレーシア法人ネスレ・マレーシアは、第1四半期(1~3月)の純利益が2億3,120万リンギ(5,900万ドル)となり、前年同期比0.2%増加したと発表した。 売上高は4.2%増の14億2,967万リンギ。国内販売が4.4%増え、輸出も3.4%増と堅調に推移した…

関連国・地域: 英国スイスアジア
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料商業・サービス


その他記事

すべての文頭を開く

欧州一般裁、ネオニコチノイド禁止を支持(05/22)

オートノイム、ハンガリーに部品工場を開設(05/22)

高級ブランドのリシュモン、通期は1%減益(05/21)

住友ゴム、医療用精密ゴム工場を着工(05/21)

英政府、シェールガス開発の追加支援策発表(05/21)

自動車保険、EU離脱後の手続き煩雑化回避(05/18)

複合企業ブイグ、第1四半期は黒字に復帰(05/18)

ネスレ、2020年までに砂糖などの使用量削減(05/17)

海運MSC、ADPとターミナル開発で契約(05/16)

露カスペルスキー、スイスに開発拠点を移転(05/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン