EU、越企業に原産地自己証明制度適用

ベトナム企業は2019年1月から、欧州連合(EU)市場に製品を輸出する場合、原産地自己証明書を添付しなければ、一般特恵関税(GSP)の適用を受けられなくなる。トイバオ・タイチン電子版が伝えた。 ベトナム商工省によると、EU市場への主な輸出品は履物・皮革製品、繊維・…

関連国・地域: EUアジア
関連業種: 繊維農林・水産その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

武田薬品のシャイアー買収、条件付きで承認(11/21)

独仏、ユーロ圏共通予算の枠組みを提案(11/21)

西政府、ジブラルタル巡り離脱協定案に難色(11/21)

ルーマニア、閣僚8人を入れ替え(11/21)

保守党との閣外協力を放棄も 北アのDUP、離脱協定案に反発(11/21)

VW世界販売、10月は10%減 WLTPの影響続き西欧低調(11/21)

世界のワイン生産量、過去18年で最高水準に(11/21)

CBI製造業受注、11月は加速に転じる(11/21)

政府、所得税の高税率適用の下限引き上げへ(11/20)

ブルガリアのシメオノフ副首相が辞任(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン