米英仏がシリアを空爆=化学兵器の使用阻止

米国と英国、フランスは14日、シリアのアサド政権軍の化学兵器関連施設を空爆したと発表した。同政権が先に、首都ダマスカス近郊の反体制派拠点を化学兵器で攻撃したと判断したため。 米国の発表によると、空爆の対象となったのは化学・生物兵器の生産が疑われている首都ダマスカ…

関連国・地域: 英国フランスEUロシア米国
関連業種: 化学政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

スロバキア失業率、1月は5.26%に悪化(02/22)

欧州議会外交委「トルコの加盟交渉停止を」(02/22)

英・EU首脳が見直し協議 離脱協定で「建設的な話し合い」(02/22)

セルビア首相、同性パートナーが出産(02/22)

ポルトガル議会、政府不信任決議案を否決(02/22)

チェコでポーランド産牛肉からサルモネラ菌(02/22)

ポーランド電力各社、EV工場を共同開設へ(02/22)

独政府、食品廃棄量の減少に向けた行動計画(02/22)

<ブレグジットと欧州の行方>第14回 パーフェクトストームに突入か・瓦解し始めた英自動車産業(02/22)

金融バークレイズ、通期は1%減益(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン