米英仏がシリアを空爆=化学兵器の使用阻止

米国と英国、フランスは14日、シリアのアサド政権軍の化学兵器関連施設を空爆したと発表した。同政権が先に、首都ダマスカス近郊の反体制派拠点を化学兵器で攻撃したと判断したため。 米国の発表によると、空爆の対象となったのは化学・生物兵器の生産が疑われている首都ダマスカ…

関連国・地域: 英国フランスEUロシア米国
関連業種: 化学政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ユーロポール、アルバニアに連絡事務所(07/16)

次期欧州委員長決める投票へ 欧州議会、独国防相の承認を採決(07/16)

ハンガリーのPVCメーカー、工場拡張(07/16)

財務相「合意なき離脱なら英は主導権失う」(07/16)

仏独英、米・イランの緊張緩和へ共同声明(07/16)

【今週の主な予定】7月15~19日(07/15)

ユーロ圏、貿易摩擦などがリスクに=IMF(07/15)

トーマス・クック、復星旅遊らと救済協議(07/15)

ユーロ圏鉱工業生産、5月は0.9%増加(07/15)

トヨタ、欧州の公道で初の自動運転車テスト(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン