シュコダ、12%賃上げで合意=スト回避

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のチェコ子会社シュコダ・オートは11日、労組と12%の賃上げで合意した。1月から続いていた労使交渉に終止符を打ち、目前に迫っていたストライキを回避した格好。チェコ通信が伝えた。 新たな労使協定は4月1日から2019年3月31日まで有…

関連国・地域: ドイツチェコ
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

オートノイム、ハンガリーに部品工場を開設(05/22)

ヴェオリア、チェコで熱電供給施設を建設へ(05/22)

VWの世界販売、4月は10.2%増加(05/21)

ホームクレジットの越法人、米社が初格付け(05/21)

オーストリア航空、成田―ウィーン線を再開(05/18)

【ウイークリー統計】第7回 原子力発電と輸送部門の再生可能エネ導入(05/17)

チェコGDP、第1四半期は4.5%増加(05/17)

ボーダフォン、CEO退任へ 在任10年間で事業再編に手腕(05/16)

チェコ貿易収支、3月は黒字縮小(05/15)

チェコのANOと社民党、連立合意案を承認(05/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン