輸入関税を巡る米中報復合戦 最大の被害者は独高級車メーカー

米中の輸入関税を巡る報復合戦で、最も大きな損失を被るのは独高級車メーカー――。エバーコア・インターナショナル・ストラテジー&インベストメント(ISI)の最新リポートでこうした見通しが明らかになった。米工場から中国への輸出台数が多いためで、高級車大手BMWと自動…

関連国・地域: ドイツアジア米国
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車製造一般政治


その他記事

すべての文頭を開く

中国の自動車関税引き下げ、BMWなど恩恵(05/23)

独フェスト、ブルガリア工場に追加投資(05/23)

ギリシャの農協、ステビア加工工場開設も(05/23)

【欧州企業よもやま話】第250回・ミーレ ドイツが誇る家電の老舗(05/23)

独経済は堅調を維持=連銀月報(05/23)

ズベルバンク、トルコ子会社売却で合意(05/23)

ルフトハンザ、北米路線で格安料金導入へ(05/23)

シーメンス、クリーン・モーションと提携(05/23)

グラマー、米自動車部品TMDを買収へ(05/23)

南ア政府、BMWなどに生産倍増を呼び掛け(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン