リオの炭鉱買収の豪企業、野村などが融資

米プライベートエクイティ(PE)投資会社バルデ・パートナーズ(Varde Partners)と野村は、英豪資本の資源大手リオ・ティントがオーストラリア・クイーンズランド州に保有するケストレル炭鉱の権益80%を買収するコンソーシアムに対し、メザニン融資を行うもようだ。情報筋の話…

関連国・地域: インドネシアオーストラリア日本米国英国欧州アジア
関連業種: 天然資源金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

日立キャピタル、自動車リース2社を統合(07/16)

高級車BMW、6月の販売台数は過去最高(07/16)

トランプ米大統領が訪英 メイ首相、FTA締結に向け合意(07/16)

イベルドローラ、新興企業への投資が効果(07/16)

貿易収支、5月は赤字縮小(07/16)

パリの地下鉄、紙の切符廃止へ(07/16)

シェル、カナダのLNG基地巡り投資判断へ(07/16)

ライアンエアー、愛でパイロットが追加スト(07/16)

KPMG、豪サンコープの監査業務を継続(07/16)

BHP、豪の長期鉄鉱石戦略を当局が許可(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン