ケムポリス、竹エタノール生産で印社と合弁

インド国営の石油大手バーラト・ペトロリアム(BPCL)傘下のヌマリガル・リファイナリー(NRL)は、フィンランドのバイオ燃料精製会社ケムポリスと合弁会社を設立する。竹から年間6,000万リットルのエタノールを生産する。ブルームバーグが伝えた。 NRLが本拠を置く北東…

関連国・地域: インド欧州フィンランドアジア
関連業種: 化学天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

フィンランド議会、内閣不信任案を否決(10/18)

マース・グローバル、シンガポールに進出(10/16)

人的資本指標、欧州首位はフィンランド(10/15)

競争当局、航空BAの大西洋共同事業を調査(10/12)

ティッセン、産業部門の分社後も少数株保有(10/08)

伊藤忠、メッツァと合弁工場を設立へ(10/04)

ユーロ圏小売売上高、8月は0.2%減少(10/04)

EU、VAT徴収が1500億ユーロ不足(09/27)

鉱山技術オウトテック、イランから撤退へ(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン