ケムポリス、竹エタノール生産で印社と合弁

インド国営の石油大手バーラト・ペトロリアム(BPCL)傘下のヌマリガル・リファイナリー(NRL)は、フィンランドのバイオ燃料精製会社ケムポリスと合弁会社を設立する。竹から年間6,000万リットルのエタノールを生産する。ブルームバーグが伝えた。 NRLが本拠を置く北東…

関連国・地域: インド欧州フィンランドアジア
関連業種: 化学天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

ノキア、フィンランドで年内に350人整理へ(01/17)

「五つ星運動」、欧州議会で新会派立ち上げ(01/15)

フィンランド航空、来冬に新千歳便を就航へ(01/15)

パスポートランキング、欧州首位は独仏(01/14)

【ウイークリー統計】第28回 発泡ワインの輸出入量とアルコール飲料への支出(01/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン