エンジーのインドネ合弁、大型融資を獲得

仏公益事業大手エンジー(Engie、旧GDFスエズ)が出資するインドネシアの地熱発電所事業の運営合弁会社は、ランタウデダップ地熱発電事業で初の融資契約を締結した。ビスニス・インドネシアなどが伝えた。 同社は、国際協力銀行(JBIC)、アジア開発銀行(ADB)、日本の…

関連国・地域: インドネシア日本フランスアジア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

エールフランス、労組がCEOの人選に反対(08/17)

政府、橋崩落でリグーリア州に非常事態宣言(08/17)

ドイツ鉄道、米制裁受けイラン事業から撤退(08/17)

フィンテックの新興企業、1億ドルを調達(08/17)

キングフィッシャー、第2四半期は3%増収(08/17)

ジェノバの橋崩落、道路運営社の権利剥奪も(08/16)

インフレ率、7月は2.3%に加速=改定値(08/16)

【ウイークリー統計】第18回 ビールの生産量と輸出入量(08/16)

アクアリウス号の難民、5カ国で受け入れへ(08/16)

自動運転車ナブヤ、欧州投資銀から融資確保(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン