中国商務省、EUのフェノールに関税措置へ

中国商務省は26日、欧州連合(EU)のほか、日本、米国などを原産国とする有機化合物のフェノールに対し、反ダンピング(不当廉売)関税措置に向けた調査を開始すると発表した。 中国・石油天然ガス吉林石化や上海中石化三井化工などの企業からの訴えを受け、調査開始に踏み切っ…

関連国・地域: 中国韓国タイ日本米国欧州EUアジア
関連業種: 化学マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【今週の主な予定】10月15~19日(10/15)

アルセロール、英リバティーに資産売却へ(10/15)

伊上下院、財政赤字目標など定めた計画承認(10/15)

VW世界販売、9月は18%減 WLTP導入で西欧に打撃(10/15)

メイ首相、恒久的な関税同盟残留を否定(10/15)

ユーロ圏鉱工業生産、8月は1%増加(10/15)

インフレ率、9月は2.3%に加速=改定値(10/15)

人的資本指標、欧州首位はフィンランド(10/15)

【欧州環境トピックス】第192回 9月16日~30日(1)(10/15)

連立与党の支持率、41%で過去最低を記録(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン