カロ、ジンバブエ白金鉱山に42億ドル投資へ

キプロスの資源会社カロ(Karo)・リソーシズは、ジンバブエの白金族鉱山開発に42億ドルを投じる。同国の鉱山業界の投資案件としては、過去最大規模となる。チタンド鉱山・鉱山開発相の発表を元に、ロイター通信などが22日伝えた。 それによると、開発予定地は首都ハラレの西方に…

関連国・地域: キプロスアフリカ
関連業種: 鉄鋼・金属天然資源マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

【ウィークリー統計】第20回 家計貯蓄率と物価水準(09/13)

EV新車登録台数、第2四半期は43.8%増加(09/10)

南アのMTN、キプロス子会社の売却完了(09/05)

EU市民の84%がサマータイム廃止を支持(09/04)

ウクライナへのFDI、ロシアが最多(09/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン