カロ、ジンバブエ白金鉱山に42億ドル投資へ

キプロスの資源会社カロ(Karo)・リソーシズは、ジンバブエの白金族鉱山開発に42億ドルを投じる。同国の鉱山業界の投資案件としては、過去最大規模となる。チタンド鉱山・鉱山開発相の発表を元に、ロイター通信などが22日伝えた。 それによると、開発予定地は首都ハラレの西方に…

関連国・地域: キプロスアフリカ
関連業種: 鉄鋼・金属天然資源マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

【ウイークリー統計】第26回 電池の回収率と再生エネの割合(12/06)

EU財務相理事会、金融規制の改革案で合意(12/05)

オランダ、外国企業への優遇税制で規制強化(11/29)

南北キプロス、8年ぶりの新検問所が開通(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン