スイスの世界最古の原発、改修を経て再稼働

現存する世界最古の原子力発電所であるスイス北部のベツナウ(Beznau)原発が、3年間の改修期間を経て運転を再開した。同原発を運営する電力大手アクスポ(Axpo)が明らかにした。 ベツナウ原発はドイツ国境沿いのアールガウ州にあり、1969年に最初の原子炉が稼働を開始。現在2…

関連国・地域: ドイツスイス
関連業種: 建設・不動産IT・通信電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

財務省、独大手2行の合併シナリオ精査か(01/18)

プラスチック廃棄物除去のアライアンス始動(01/18)

スイスとオーストリアで雪崩、1人死亡(01/17)

物流DSV、スイスのパナルピナに買収提案(01/17)

ブロックチェーン取引VAKT、トタルなど参加(01/17)

投資EQT、ビザ手続き代行のVFS売却へ(01/16)

ジュリアス・ベア、4月に新会長を指名へ(01/16)

スイス国鉄、空飛ぶ電動タクシーの導入検討(01/15)

シンドラー、インドの総合拠点化を模索(01/14)

ネスレ、ルーマニア西部の工場閉鎖へ(01/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン