パリ市長、公共交通機関の無料化を検討

パリのイダルゴ市長は、パリ市民を対象に公共交通機関の無料化について検討する方針を発表した。自家用車の利用を減らし、大気汚染を軽減することが狙いだが、納税者への負担が大きすぎるとの批判も出ている。 イダルゴ市長は、フィージビリティースタディ(実現可能性調査)を実…

関連国・地域: ドイツフランスエストニア
関連業種: 自動車・二輪車運輸マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、ゴーン氏の会長兼CEO職解任も(01/17)

ノキア、フィンランドで年内に350人整理へ(01/17)

欧州新車登録、12月は8.4%減少(01/17)

パリの空港利用者数、2018年は3.8%増加(01/17)

欧州委、税制巡る加盟国の拒否権廃止を提案(01/17)

プラハ空港、昨年の利用者数が過去最高更新(01/17)

DSオートモビルズ、SUVで韓国進出(01/17)

カルデリス、台湾社と耐火物実験室を設立(01/17)

ブロックチェーン取引VAKT、トタルなど参加(01/17)

PSAの販売台数、通期は6.8%増加(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン