BMW、本社など家宅捜索 排ガス不正疑惑で予備捜査開始

ドイツの検察当局は20日、独高級車大手BMWが1万1,400台の乗用車に排ガス検査を欺く違法ソフトウエアを搭載していた疑いがあるとして、同社の本社などを家宅捜索した。併せて、この件で予備捜査を開始する方針も明らかにした。フィナンシャルタイムズなどが伝えた。 検察当局は…

関連国・地域: ドイツオーストリアアジア米国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ジェノバの橋崩落、道路運営社の権利剥奪も(08/16)

ノルドストリーム2、露領海の敷設を許可(08/16)

【ウイークリー統計】第18回 ビールの生産量と輸出入量(08/16)

政府、干ばつによる飼料不作で環境規制緩和(08/16)

アクアリウス号の難民、5カ国で受け入れへ(08/16)

ケーブルのレオニ、第2四半期は33%減益(08/16)

デンマーク、豚コレラ対策でフェンス設置へ(08/16)

BMW発火問題、未点検なら運転停止=韓国(08/16)

ベトナム完成車輸入、ドイツ車の需要が急落(08/16)

BMWの中国EV合弁、張家港に拠点設置へ(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン