BMW、本社など家宅捜索 排ガス不正疑惑で予備捜査開始

ドイツの検察当局は20日、独高級車大手BMWが1万1,400台の乗用車に排ガス検査を欺く違法ソフトウエアを搭載していた疑いがあるとして、同社の本社などを家宅捜索した。併せて、この件で予備捜査を開始する方針も明らかにした。フィナンシャルタイムズなどが伝えた。 検察当局は…

関連国・地域: ドイツオーストリアアジア米国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

CSUが歴史的大敗 バイエルン州議会選、過半数失う(10/16)

ドイツの移民流入数、昨年は155万人(10/16)

シーメンスガメサ、台湾社と部品調達で提携(10/16)

バイヤスドルフ、新CEOにドロエケル氏(10/16)

BMWなど、EV電池の持続可能性巡り提携(10/16)

英パープルブリックス、独不動産市場に進出(10/16)

MANの印撤退、販売業者が補償を要求(10/16)

ドイツ南西部で軽飛行機が墜落、3人死亡(10/16)

政府、PHVの補助金撤廃へ ゼロ排出車の振興に軸足移行(10/15)

マグナ、チェコにBMW向け座席工場を開設(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン