BMW、本社など家宅捜索 排ガス不正疑惑で予備捜査開始

ドイツの検察当局は20日、独高級車大手BMWが1万1,400台の乗用車に排ガス検査を欺く違法ソフトウエアを搭載していた疑いがあるとして、同社の本社などを家宅捜索した。併せて、この件で予備捜査を開始する方針も明らかにした。フィナンシャルタイムズなどが伝えた。 検察当局は…

関連国・地域: ドイツオーストリアアジア米国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

EU、長期延期に条件提示も 英国の離脱延期申し入れ巡り(03/18)

ディーゼル規制の導入厳格化 都市部の乗り入れ禁止回避図る(03/18)

16歳の環境活動家、ノーベル平和賞候補に(03/18)

ランボルギーニ、豪で販売拡大目指す(03/18)

<ブレグジットと欧州の行方>第15回 「泥沼の女」メイ首相に3度目、4度目の正直はあるのか(03/18)

VWの世界販売、2月は1.8%減少(03/18)

独オペル、ロシアでの販売再開へ(03/18)

米証取委員会、排ガス問題巡りVWを提訴(03/18)

5G周波数入札、予定通り19日に開始(03/18)

中国・上汽、シュコダでICV展開へ(03/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン