独企業の6割「労働力不足が事業リスク」

熟練労働者の不足を最大の事業リスクと捉えているドイツ企業の割合が60%となり、2010年時点の16%から大きく上昇した。ドイツ商工会議所連合会(DIHK)が13日発表した労働市場調査で明らかになった。 DIHKは今回、約2万4,000社を対象に調査を実施。調査結果によると、企…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 医療・医薬品その他製造建設・不動産サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

トルコ自動車生産、2月は15.5%減少(03/22)

シーメンス、ガスタービン事業を合弁化も(03/22)

配車ボルト、食事配達サービスを開始(03/22)

二輪ベネリ、印で8~9モデル発売へ(03/22)

イノジー、ワルシャワでEVカーシェア開始(03/22)

VW、ノースボルトと欧州電池連合を設立へ(03/22)

幸福度調査、フィンランドが2年連続首位(03/22)

VW、人員整理計画巡り監査役会を開催か(03/22)

独政府、難民統合向け基金を3分の1縮小へ(03/22)

ティッセンとタタ、統合改善策の提示を延期(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン