ルノー日産、2025年にも全固体電池を実用化

ルノー・日産自動車・三菱自動車連合は、早ければ2025年にも全固体電池を搭載した電気自動車(EV)を発売する方針だ。次世代EVの開発競争で先頭に立つことを目指す。仏自動車大手ルノーのEV事業を率いるジル・ノルマン氏の話として、フィナンシャルタイムズが12日伝えた。 …

関連国・地域: 英国ドイツフランスアジア米国
関連業種: 自動車・二輪車電機金融・保険社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

エアバス、UAEリース会社が400機発注も(05/21)

米国の対イラン制裁に対抗策 EU、欧州企業の保護へ行動指針(05/21)

エアビー、デンマーク当局に家主収入報告へ(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

海運マースク、赤字拡大 CEOがイラン事業撤退に言及(05/18)

オカド、米クローガーと提携 食品配達向け技術提供=米国進出(05/18)

日本電産、PSAとのモーター合弁設立完了(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

複合企業ブイグ、第1四半期は黒字に復帰(05/18)

ミシュランガイド、タイ版の第2弾発行へ(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン