ベネチアの水上バス、燃料に廃食用油使用へ

ベネチア市で4月1日から、廃食用油由来のバイオ燃料を使用した水上バスの運航実証プロジェクトが開始する。期間は10月末までの7カ月間。プロジェクトには、ベネチア市当局のほか、公共交通運営AVM、水道・廃棄物処理ベリタス(Vertias)、伊石油大手エニ(Eni)が参画して…

関連国・地域: イタリア
関連業種: 電力・ガス・水道運輸・倉庫社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

ライアンエアー、愛でパイロットが追加スト(07/16)

仏自動車部品ノバレス、セルビア工場拡張へ(07/13)

ユーロ圏成長予測を下方修正 欧州委の夏季経済見通し(07/13)

【ウイークリー統計】第15回 旅行しない理由と人気旅行先(07/12)

エニとエネル、太陽光発電RTRの買収を断念か(07/12)

ウィズエアー、ルーマニアから7路線就航(07/12)

EUの人口、5億1300万人に拡大(07/12)

ACミラン、米ヘッジファンドが買収(07/12)

デニムのリプレイ、印参入に向け地場と提携(07/12)

三菱重工、独社と輸送冷凍機の欧州販売合弁(07/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン