公益事業エンジー、通期は1.8%減益

仏公益事業大手エンジー(Engie、 旧GDFスエズ)は8日、2017年12月通期のEBITDA(利払い・税引き前・償却前利益)が93億1,600万ユーロとなり、前期比1.8%減少したと発表した。米国の発電資産やインドネシアの石炭火力発電所を手放したことが響いた。 売上高は0.3%増の…

関連国・地域: フランスベルギールクセンブルクオランダアジア米国アフリカ中南米カナダ欧州
関連業種: 経済一般・統計天然資源電力・ガス・水道商業・サービス


その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、上半期の記録更新 露・南米が回復=世界販売台数(07/17)

ファーンバラ航空ショー開幕 MRJはデモ飛行実施(07/17)

欧州企業もイラン制裁対象に 米国、EUの嘆願拒否=8月再開(07/17)

伊下院、元国会議員の年金削減案を可決(07/17)

通信オレンジ、ベースファームを買収(07/17)

トタル、公益エンジーのLNG事業買収完了(07/17)

ボルタリア、エジプトで再生エネ分野に投資(07/17)

欧州委、シーメンスとアルストム統合を調査(07/17)

パリの地下鉄、W杯優勝で駅名一時変更(07/17)

ソジェン、アブダビ行からヨルダン事業取得(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン