公益事業エンジー、通期は1.8%減益

仏公益事業大手エンジー(Engie、 旧GDFスエズ)は8日、2017年12月通期のEBITDA(利払い・税引き前・償却前利益)が93億1,600万ユーロとなり、前期比1.8%減少したと発表した。米国の発電資産やインドネシアの石炭火力発電所を手放したことが響いた。 売上高は0.3%増の…

関連国・地域: フランスベルギールクセンブルクオランダアジア米国アフリカ中南米カナダ欧州
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

製造業景況感、5月は上昇(05/24)

オレンジ、イラクが地場企業の保有株移管(05/24)

<連載コラム・欧州M&A最前線>4月 NIGEL’S INSIGHT(05/24)

伊プラダ、来年から毛皮の使用を廃止へ(05/24)

サウジアラムコ、北極LNG2への参画を断念(05/24)

ビュログ、ルノーとカーシェア車両共同生産(05/24)

化粧品エイボン、ブラジルのナチュラが買収(05/24)

5月は51.6ポイントに上昇 ユーロ圏総合PMI速報値(05/24)

欧州商用車登録台数、4月は7.6%増加(05/24)

米FB、欧州議会選に向け偽情報を削除(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン