公益事業エンジー、通期は1.8%減益

仏公益事業大手エンジー(Engie、 旧GDFスエズ)は8日、2017年12月通期のEBITDA(利払い・税引き前・償却前利益)が93億1,600万ユーロとなり、前期比1.8%減少したと発表した。米国の発電資産やインドネシアの石炭火力発電所を手放したことが響いた。 売上高は0.3%増の…

関連国・地域: フランスベルギールクセンブルクオランダアジア米国アフリカ中南米カナダ欧州
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

<連載コラム・欧州M&A最前線>2月 NIGEL’S INSIGHT(03/22)

ユーロスター、4月までの利用自粛呼び掛け(03/22)

トルコ自動車生産、2月は15.5%減少(03/22)

電機シュナイダー、比でスマート工場が稼働(03/22)

幸福度調査、フィンランドが2年連続首位(03/22)

ブガッティ「シロン」、東南アで初めて納車(03/22)

【ウイークリー統計】第33回 起業率と個人事業主の満足度(03/21)

診察予約ドクトリブ、1.5億ユーロを調達(03/21)

ルノー・日産・三菱、共通クラウドを活用へ(03/21)

仏アルストム、独路線に燃料電池列車を供給(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン