公益事業エンジー、通期は1.8%減益

仏公益事業大手エンジー(Engie、 旧GDFスエズ)は8日、2017年12月通期のEBITDA(利払い・税引き前・償却前利益)が93億1,600万ユーロとなり、前期比1.8%減少したと発表した。米国の発電資産やインドネシアの石炭火力発電所を手放したことが響いた。 売上高は0.3%増の…

関連国・地域: フランスベルギールクセンブルクオランダアジア米国アフリカ中南米カナダ欧州
関連業種: 経済一般・統計天然資源電力・ガス・水道商業・サービス


その他記事

すべての文頭を開く

トタル、アイオニック・マテリアルズに出資(04/20)

武田薬品、シャイアーに買収提案 全株取得で交渉=440億ポンド(04/20)

チェコの自動車生産、3月は2.7%減少(04/20)

ユニリーバ、第1四半期は3.4%増収(04/20)

ゲットリンク、第1四半期は5%増収(04/20)

イランのホドロ、「ユーロ5」準拠車を生産(04/20)

防衛タレス、インド事業を大幅拡大へ(04/20)

香港のシャンパン輸入、10年で7割増加(04/20)

仏下院、国鉄改革法案を可決 労組の長期ストの渦中で(04/19)

欧州新車登録、5.3%減少 英独伊がマイナスに=3月(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン