コンチ、通期は7%増益=中国で電池合弁

ドイツのタイヤ・自動車部品大手コンチネンタルは8日、2017年12月期の純利益が29億8,460万ユーロとなり、前期比6.5%増加したと発表した。主力の自動車部門が新規受注高で過去最高を記録するなど好調だった。 売上高は8.5%増の440億950万ユーロ。うち自動車部門は8.4%増え、ゴ…

関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

露マグニト、競合レンタの元CEOが社長に(01/18)

シュコダ、昨年のインド市場は66.2%減益(01/18)

独ダイムラー、ポーランドにトラック子会社(01/18)

財務省、独大手2行の合併シナリオ精査か(01/18)

独シェフラー、東部でベアリング工場拡張(01/18)

小売りメトロ、第1四半期は0.6%減収(01/18)

EU、鉄鋼の輸入制限措置を正式に発動(01/18)

LEVC、アウディ元幹部を次期CEOに(01/18)

プラスチック廃棄物除去のアライアンス始動(01/18)

ドイツの武器輸出、昨年は23%減少(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン