EU、米への報復関税で政治的効果狙う

欧州委員会は、トランプ米大統領が鉄鋼輸入に一律25%の関税を掛ける方針を示したことを受け、米政府重鎮の支持基盤の産品を含む28億ユーロ相当の輸入品に25%の報復関税を課す方針だ。政治的効果も重視した対象製品には、消費者向け製品や農産加工品、鉄鋼などの工業用品が含まれ…

関連国・地域: EU米国
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車食品・飲料化学・石化アパレル・繊維鉄鋼・金属製造一般農林・水産政治


その他記事

すべての文頭を開く

<連載コラム・欧州M&A最前線>2018年4月 NIGEL’S INSIGHT(05/18)

露格付けACRA、スロバキアのERA買収(05/18)

自動車保険、EU離脱後の手続き煩雑化回避(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

EEUとイラン、暫定的FTAを締結(05/18)

EU、米鉄鋼関税除外なら自動車市場開放も(05/18)

ユーロ圏建設業生産、3月は0.3%減少(05/18)

ロイヤル・メール、通期は1%増益(05/18)

建設業の成長率、今年は6%を予想(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン