精肉HKスキャン、中国社と合弁設立へ

中国の食品メーカー浙江青蓮食品(浙江省嘉興市)は26日、フィンランドの精肉会社HKスキャンと合弁会社の設立に向けた契約を締結した。新嘉興日報が27日伝えた。 それによると、新合弁会社「上海倍蓮倍芬食品」は、フィンランドから高級豚肉を輸入し、中国国内で販売する。HK…

関連国・地域: 中国欧州フィンランドアジア
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ノキア、フィンランドで年内に350人整理へ(01/17)

「五つ星運動」、欧州議会で新会派立ち上げ(01/15)

フィンランド航空、来冬に新千歳便を就航へ(01/15)

パスポートランキング、欧州首位は独仏(01/14)

【ウイークリー統計】第28回 発泡ワインの輸出入量とアルコール飲料への支出(01/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン