化学ヘンケル、通期は23%増益

独総合化学大手ヘンケルは22日、2017年12月通期の純利益が25億1,900万ユーロとなり、前年比22.7%拡大したと発表した。全部門が好調で、売上高は初めて200億ユーロを突破した。 売上高は200億2,900万ユーロと継続事業・恒常為替レートベースで3.1%伸びた。うち主力の工業用接着剤…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 化学その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

VW、旧式ディーゼル車の買い替えを優遇(10/19)

サルビーニ同盟党首、欧州委員長に名乗りも(10/19)

企業ソフトSAP、第3四半期は2%減益(10/19)

通信機器エリクソン、第3四半期は黒字復帰(10/19)

ユニリーバ、第3四半期は3.8%増収(10/19)

ドイツ銀元トレーダー、金利不正操作で有罪(10/19)

ZF、3D車内監視システムを開発(10/19)

BMWの二輪部門、マレーシアで新型車公開(10/19)

リースプラン、アムステルダムでの上場中止(10/18)

MAN、ポーランドで電気バス組み立てへ(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン