ロイズ銀、通期は2006年以降で最高益

英金融大手ロイズ・バンキング・グループは21日、2017年12月期の税引き前利益が前期比24%増の52億7,500万ポンドとなったと発表した。返済保障保険(PPI)の不適切な販売に絡む引当金が増えたものの、2006年以降で最高益を記録。1年前はデリバティブ(金融派生商品)関連などで…

関連国・地域: 英国
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

投資JAB、コーヒー事業などのIPO検討(02/18)

金融RBS、2倍超に増益 デジタル化推進でコスト削減(02/18)

トタル、取引業務を英からスイスに移管へ(02/18)

欧州新車登録、4.6%減少 5カ月連続で前年割れ=1月(02/18)

小売売上高、1月は1%増加(02/18)

石油シェル、家庭用蓄電池ゾンネンを買収(02/18)

ユーロ圏貿易収支、12月は黒字縮小(02/18)

ロンドン、環境車買い替え促進策に追加拠出(02/18)

プレミア・フーズ、一部事業の売却取りやめ(02/18)

スタンチャート、「一帯一路」沿線で増員も(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン