航空旅客保護へ法改正迫る 相次ぐ経営破綻受け=IATA

欧州で昨年、航空会社の経営破綻が相次いだことを受けて国際航空運送協会(IATA)は、足止めされる乗客の数を減らすため、各国が破産法を見直す必要があるとの見方を示した。IATAでEU問題を担当するモニク・ドゥ・スメ氏の話を元に、ロイター通信が伝えた。 欧州では昨年…

関連国・地域: 英国ドイツEU
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

<連載コラム・自動車産業インサイト>第27回 マルキオンネ氏の正と負の遺産(前編)(08/17)

ポーランド大統領、選挙法改正案を拒否(08/17)

ブルガリアGDP、第2四半期は3.4%(08/17)

ブルガリアのインフレ率、3.5%に加速(08/17)

ユーロ圏貿易収支、6月は黒字縮小(08/17)

チェコ貿易収支、6月は黒字縮小(08/17)

オランダのインフレ率、過去5年弱で最高(08/17)

アルジェリア、スペインと伊エニにガス供給(08/17)

スコットランド住民、EU離脱で英に不満(08/17)

ノルドストリーム2、露領海の敷設を許可(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン