資源リオ、アルミ事業の豪上場を検討

英豪資本の資源大手リオ・ティントは、傘下のアルミ事業、パシフィック・アルミニウムをオーストラリア証券取引所(ASX)に上場することを検討しているもようだ。上場後の時価総額は39億ドルに上る見込み。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。 パシフィッ…

関連国・地域: オーストラリアニュージーランド英国ドイツ欧州スイスアジア米国
関連業種: 鉄鋼・金属天然資源金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録、7.1%増加 フランス勢が好調=1月(02/16)

ロンドン、自動運転車対応は2030年以降か(02/16)

プライメタルズ、ARBZから部品管理受注(02/16)

ロンドン、規制見直しで米ウーバーをけん制(02/16)

バーバリー、ファーフェッチと提携(02/16)

EU、英離脱後の移行期間巡り一部譲歩へ(02/16)

英中銀、民間賃金の3.1%上昇を予想(02/16)

リバティ、印鉄鋼メーカーの入札に参加へ(02/16)

米アマゾン、仏で今年2千人雇用へ(02/16)

仏産ワインなどの輸出、3年連続で記録更新(02/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン