海運マースク、通期は黒字回復

デンマークの海運大手APモラー・マースクは9日、2017年12月通期の純利益(特別損益除く)が3億5,600万ドルとなり、前期の4億9,600万ドルの赤字から黒字を回復したと発表した。昨年はサイバー攻撃に絡む対策コストや事業の売却・買収が続くなどイレギュラーな要素が多く、自社…

関連国・地域: フランスデンマーク
関連業種: 経済一般・統計天然資源電力・ガス・水道金融・保険運輸・倉庫社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

シュツットガルト市、来年から旧式車禁止(07/13)

バング&オルフセン、通期は黒字復帰(07/13)

重電ABB、エルステッドから大型受注(07/12)

ウィズエアー、ルーマニアから7路線就航(07/12)

トタル、北海で15億ドル規模の資産売却か(07/11)

エクイノール、デンマークの取引会社を買収(07/10)

海運ハパックロイド、仏CMAが合併打診か(07/10)

自動車照明ヘラー、卸売事業の一部を売却(07/10)

欧州、各地で水不足による影響が深刻化(07/09)

大陽日酸、米プラクスエアの欧州資産を取得(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン